わが家の金策

勉強苦手の超初心者が「非課税?いつ始める?」積立NISAを調べました

今回は積立NISAについて、 わたし(オオシマ)が、苦手なお金・数字の話をなんとか学び、自分なりにかみ砕いて 超ざっくりした解釈をしてみました。 わたしもいまだに100%解釈できた!訳ではないのですが、前々から気になっていた事だったので 本気で考えて実行してみました。
ダラ子
今年は改革をしていこう
オオシマ
まずは今「持っている」お金をうまく運用していこう

 

今年から「生活を最適化」していく事を決断したオオシマです。

今回は「積立NISA」というものを始めてみようと思い、実行しました!

 

はじめに

お金のドット絵です

 

この記事は

わたし(オオシマ)が、苦手なお金・数字の話をなんとか学び、自分なりに積立NISAの解釈を試みています。

 

もし「この解釈、間違っているぞ!」というのがあればぜひご指摘ください!

ご指摘の際は当ブログのお問い合わせ、もしくは私のTwitterDMまでよろしくお願いします。

 

この記事はこんなあなたにおすすめです

  • 積立NISAがどんなものかざっくり知りたい
  • 積立NISAを始めてみたい
  • どんな人が積立NISAに向いているのか気になる

 

 

積立NISAって、なに?

 

積立にNISAをするにあたり、何本ものYOUTUBE動画やサイト、書籍を見ました!

そしてなんとな~~く見えてきた・・・。

私なりの解釈となりますが、どうぞお読みください。

 

 

NISAは商品の名前じゃなくて、「NISAという口座=入れ物」

 

わたしも大勘違いをしていました(笑)

NISAは口座の名称なんです。

例えば、私たちの銀行口座には「現金(普通のお金)」と「定期預金」が入っていますよね。

そんな感じでNISAという口座に「銘柄」を買って入れていく、というイメージです。

 

NISA(一般NISA)と積立NISAの違い

 

NISAの事を書き出すと頭がパニックになるので(笑)簡単に特色をまとめました。

NISA 積立NISA
短期運用にも向いている(サクッと運用) 長期運用に向いている(コツコツ運用)
銘柄多数、投資の知識が無いと選べない(リスクもある) 長期運用に向いている銘柄をピックアップしてある(リスクが少ない)
年120万円まで運用できる 年40万まで運用できる
買った銘柄は5年まで税金なしで運用可能 買った銘柄は20年まで税金なしで運用可能

 

結論、

初心者は積立NISAのほうが挑戦しやすい!!

という事なんですね。

様々な記事でなぜ「積立NISAが良い」のか、言われているのが解った気がします。

 

あと、これも大切。

NISAと積立NISA、ふたつ開設はできない!

どちらかを選ばなければならないのです。

 

そしてわたしは考えた末(いや考えなくても)積立NISAに決めました。

 

積立NISAは買って20年間「税金がかからない」

 

わたしたちが良くドラマとかで見る「投資」には、

儲かった分だけ「税金」がかかり、儲かったら税金を支払わなければなりません。

しかし、積立NISAは「買ったら20年間は税金がかからない」のが大きな特徴です。

 

良くドラマとかで見る「(会社名)のカブが大暴落!」とかいうリスクが少ない

 

積立NISAで投資できる銘柄は「厳選されている」ため、リスクが少なく長期運用に向いているものが多いらしいです。

先ほども挙げましたが、NISAとなると銘柄がとっても多く、

わたしたちが良く見かける「投資」に近いモノなので上級者向け。

 

もちろんNISAはリスクも高めなので勉強が必要です。

 

 

投資=お金持ち、というイメージが強いが大金が必要なわけではない

 

投資をする人というのは「お金持ち」というイメージがありますがかなり少額から始めることが可能です。

自身で無理のない範囲でコツコツ続けられる設定が出来ます。

実際に一か月あたり、どれくらいの金額を平均で積み立てているのか。

後ほど紹介もしています。

 

積立NISAはこんな人向け

 

20年後に「こんなお金が欲しい」という考えがある人

 

ふんわりと老後の事、子供の教育費の事を考える事、ありますよね。

たとえば筆者は20年後には50代半ばとなります。

その時に必要な資金を貯めることが出来ているかな・・・?

と考えてみた時、なんだか無理そうな気が。

その不安を、投資という形でちょっとでも解消出来たら良いと思いませんか?

 

 

投資初心者の人

 

何度も挙げていますが、積立NISAこそ初心者向けの投資。

「仕事が忙しい」「お金の勉強は苦手・・・」

そんなあなたにおすすめです。

 

月に3万円くらいまでの投資を考えている人

 

独身の方や、お金に余裕がある方ならもっと多く、投資に回せるのかもしれません。

月40万円を12か月で割ると約3万3000円。

その額だとちょっと物足りない・・・と言う方には向いていないですね。

 

積立NISAのデメリット

 

長期運用を軸に考えなければならない

 

何度か挙げましたが積立NISAで買える銘柄は

「長期運用に向いている銘柄をピックアップして」います。

そのため、短期ですぐ儲かる!訳でなないのです。

あくまで、コツコツと積立をしていく事が大切です。

 

もちろん「投資」なのでリスクはある

 

低い確率と言われていますが、もちろん投資なのでリスクもあります。

それを理解は必要ですよね。

 

わたしは

「銀行だって保険会社だって、夫の会社だっていつ潰れるか分からん!基本人生リスキーじゃん」

という大雑把な考えを持っているので、とりあえず積立NISA、始めます。

 

気になった疑問を調べてみた

 

平均的にみんなは月々、どれくらい投資してるの?

 

 積立設定額の平均は2万4,142円でした。ただし、これはあくまでも全体の平均値です。金額別の割合をみると、3万円以上設定している人が全体の47%と、最も多くなっています。一方で、1万円以下の人も27%を占めています。積立金額は途中で変えることもできるので、まずは確実に続けられそうな金額から始めると良いでしょう。

出典:https://cc.kabu-lab.jp/column/article/093.html

平均は2万4000円ですが、3万円以上に設定している方が約半数!お金持ち・・・ 🙄

でも次に1万円以下の方が多いという・・・なるほど。(ホッ)

積立の金額は途中でも変更出来るし、無理をしない金額で始めることが大切なのですね。

 

1年で40万円という事は1月から始めないとコツコツ貯められない!?

そんなことはありません。

例えば、ボーナスがあった月など多めに積立したい時は金額設定を変更することが可能です!

ただし、申し込みからすぐに積立NISAは開始できないようです。

(平均的に一か月ほど、申請に時間がかかります)

すぐにでも始めたい方は、早めに手続することをおすすめします。

 

子供の名義で積立NISAをやって、学資保険代わりに出来る?

 

出来ません!

「つみたてNISA」を利用できるのは、日本に住んでいて、その年の1月1日の時点で20歳以上の人です。子ども名義では利用できませんので、実際に教育資金のために利用する場合は、親の口座を利用することになります。非課税の投資枠は、新規投資額で1年間に最大40万円。

出典:Yahoo!ニュース

 

もし

「後々のこどもの教育資金」のために積立NISAを考えているのであれば、親御さんの口座で・・・。

ということなんですね。

ちなみに子供向けにはジュニアNISAというものも存在します。

ジュニアNISAだと可能ですが、これまた色々、決まり事が変わってくるようなので

ここでは紹介しません。わたしがパニックになりますので・・・(笑)

 

ただ、人気が無かった?のか(失礼)、ジュニアNISAは2023年で終了するようです。

逆を言えば、2023年までは開設出来ます。

今まで貯めた子供のお金で投資したい!と興味がある方はぜひ調べてみてください。

 

次回は積立NISAを実際に開設します

 

今回は積立NISAについて、

わたし(オオシマ)が、苦手なお金・数字の話を何とか調べ、自分なりにかみ砕き、超ざっくりした解釈をしました。

わたしもいまだに100%理解できた!訳ではないです。難しいですよね。

しかし、始めるならば時間のある、育休中の今だけ!と思って本気で実行してみました。

 

次回は実際に楽天証券から積立NISAを申し込んでみようと思います。

お金の使い方を最適化して、余裕のある生活を目指していきますよ!

 

それではまた次回!

 

今回大変参考になった書籍・動画まとめ

BANK ACADEMY/ バンクアカデミー

 

 

本当の自由を手に入れる お金の大学  両@リベ大学長

 

 

\ブログ村に登録しています/

にほんブログ村 にほんブログ村へ




オオシマのプロフィール

オオシマです
夫・園児・乳児・インコ・義父母
と二世帯住まい中。
ブログを書きつつ求職中。
ゆくゆくはデザインで在宅ワークを目指しています。
ブログに使う画像はほぼ、わたくしの手作りです。

© 2021 いくじはぼうけんだ Powered by AFFINGER5